青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

バナナウォッチの日本限定ネイビーモデルが欲しくなったので調べてみた

f:id:take_blog:20181128202107j:plain

この記事はこんな人向けに書いています

  • バナナウォッチについて知りたい
  • 日本限定ネイビーモデルが気になる
  • レクタンギュラー(四角形)の時計を探している

スイスブランドのティソがリリースしている「バナナウォッチ」という時計があります。

文字通りバナナのようにカーブしたケースが特徴のレクタンギュラー(四角形)です。

僕も以前からその存在だけは知っていましたが、日本限定のネイビーカラーが登場したことで関心が高まったので、調べてみました。

※購入しましたのでレビュー記事だけ読みたい方はこちらから。

www.take87-bluelover.com

 

 

バナナウォッチとは?

f:id:take_blog:20181128205957j:plain
https://www.tissotwatches.com/

19世紀にはロシア向けにエレガントなペンダントウォッチを製作し、皇帝ニコラス2世に時計を献上するなど宮廷御用達時計の名声を得ていたティソは、ロシア帝国の宮廷貴族の腕を飾るため、極めて独創的な時計を完成させました。

長方形ケースが手首に添うかのようにカーブするユニークなケース形状から「バナナ・ウォッチ」と呼ばれ、デフォルメされたアラビアン数字などアール・ヌーヴォーの優雅さがたちまち貴族たちを虜にしたのです。

ところがバナナ・ウォッチは、帝政ロシアの終焉と共に、伝説の時計になってしまいました。

引用:ティソ公式

誕生は1916年と、100年以上の歴史をもつバナナウォッチ。
”伝説の時計”とありますが、それは発売から1年足らずで製造が終了されたからです。

レクタンギュラー型の腕時計といえば「フランク・ミュラー」を思い浮かべる人が多いと思いますが、歴史はバナナウォッチの方が遥かに古いです(フランク・ミュラーは1992年創業)。

 

f:id:take_blog:20181128201546j:plain
引用:ティソ公式HP

2017年には誕生100周年という事で、1995年以来二度目となる復刻モデルの発売がバーゼルワールドにて発表されました。

着用モデルに水嶋ヒロが起用されたのは時計好きの間では記憶に新しい? 

 

バナナウォッチの基本スペック

  • ケース長:49mm
  • ケース幅:27mm
  • ケース厚:7mm
  • 重量:51g
  • 風防:ドーム型ミネラルガラス
  • 防水:3気圧
  • 機構:クォーツ
  • 価格:¥55,000(税込)
  • 型番:T1175091604200
  • 製品ページ

ケース長49mmは大きいと感じるかもしれませんが、ケース自体がカーブしているので見た目以上に手首へのフィット感が高いです。

Dバックルが標準で付属されている点も嬉しい。 

 

日本限定ネイビーモデル

f:id:take_blog:20181128203240j:plain

引用:ティソ公式

今回買いたいのは日本限定モデルとしてリリースされる2色のうちの1つであるネイビーカラー。

 

 

正直なところ、バナナウォッチの文字盤デザインは好みからは外れています。

しかし着用イメージを見てみると、シックでありながら遊びが入っているバランスの良さが気に入りました。
価格も安いので遊びに行く時の1本として気軽に購入できる点も◎。

以前からレクタンギュラーの時計も1本欲しいと思っていて、ずっと「フレデリック・コンスタント」の新型カレを候補に挙げていました。
それも今回のネイビーの登場により一旦終息。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

T@KE【タケ】(@take87_bluelover)がシェアした投稿 -

 

購入しました

店頭に入荷していたので購入しました。
詳しいレビュー記事はこちら。

take87.hatenablog.com