青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

今現在欲しいロードバイクを考える②

take87.hatenablog.com

前回はコラテック、スコット、ビアンキ、フェルト、トレックを挙げましたがまた色々とロードバイクに対する考えが変わってきたので2回目です。

 

購入条件

  • 重さ10kg以下
  • コンポは105以上
  • カラーは黒ベースにポイントで青
  • 予算は25~30万。場合によってはそれ以上も。
  • キャリパーブレーキ

共通しているのは妥協をしないということ。そう何度も買えませので2台目を見据えた買い方はしません。ただし身の丈に合った範囲で。

ディスクブレーキ過度期といえる時ですが、ディスクブレーキは重量面・メンテナンス面でマイナスだと感じたので選択肢から外します。

仮にキャリパーブレーキの製造が終了したとしてもその瞬間交換パーツ等が店頭から消えるわけでも無いでしょうし問題無いです。

 

以上から考える今現在欲しいロード

※全て2019年モデル

Corratec/DOLOMITI

f:id:take_blog:20181229194718j:plain
引用:cyclowired

前回も挙げたコラテック。やはりコスパの良さというか、安すぎて何かあるんじゃないかと思わせるほどの価格設定。アルテグラを選んで良いホイールに換えても予算内に収まる。
日本でアッセンブル(組み立て)しているという点もプラス。

コラテックの定番入門ロード DOLOMITI 2019年モデルはトリプルバテッドチューブを採用 - 新製品情報2019 | cyclowired

 

Wilier/GTRTeam

f:id:take_blog:20181229182602j:plain
引用:【wilier】黒くてシブい上質イタリアンロード入荷しました!!【2019年モデル】|Y'sRoad PORTAL

※これとこの後挙げるAnchorは実際に試乗しています。
乗り心地が優しくてカーボンロードの味を知ってしまったモデル。

105を選べばなんとか予算内に収まりますし、県内に取扱店もある。そしてオシャレ。
じゃあこれで良いじゃんと言われそうですが、唯一気になるのがRの文字に赤を使っている点。これがどうしても引っ掛かる…青だったら。

ただ、一色だけだから目立つのであって周りを青で囲めば気にならないかもしれない。

 

Anchor/RL6 EQUIPE

f:id:take_blog:20181229192825j:plain

引用:http://www.anchor-bikes.com

試乗会での感触は非常に良かった。

ただ良くも悪くも地味で妥協感は否めないので最近候補から外れつつある。

今後ダウンチューブのロゴが「ANCHOR」から「BRIDGESTONE」に変わるかもしれない点も気がかり。

BRIDGESTONEロゴは嫌だし、今のうちにANCHORロゴを抑えておくほどANCHORブランドに惹かれているわけでもないので。

 

LAPIERRE/PULSIUM SL 500

f:id:take_blog:20181229181805j:plain
引用:http://www.eastwood.co.jp/

最近良いなと思ってるのがラピエール。

なんといってもこのフレームの曲線美!そしてトップチューブとシートステーの造形美に惚れ惚れします。ポイントの色使いも独特でお洒落で流石はフレンチブランド。

ただ価格が…高い…。

LAPIERRE(ラピエール) 2019年モデル PULSIUM SL500 (パルシウムSL500)

 

まとめ

価格はコラテック<ウィリエール<ラピエール
願望はコラテック<ウィリエール=ラピエールといったところ。

画面の前で悩んでいても仕方が無いので早く実物を見に行けと自分に言い聞かせている。
正直こういう記事書いたところで何も生み出さないので…w