青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

ILIFE V8sはフローリングでペットを飼っている人におすすめのお掃除ロボット

f:id:take_blog:20190514182948j:plain

先日の母の日にお掃除ロボットをプレゼントしました。

購入したのは中国のメーカーILIFEのV8s

愛読している「MONOQLO」(2019年6月号)でその存在を知り、入念に調べて購入しました。

調べてみて分かりましたが、お掃除ロボットは多岐に渡りなかなか絞り込めません。

その上でなぜILIFE V8sを買ったのか?をまとめてみたいと思います。

この記事は

  1. お掃除ロボットに興味はあるが、ルンバは高くて手が届かない
  2. ペット(犬)を飼っている
  3. 床はフローリング中心

という人向けの内容となっています。

※自身初のお掃除ロボットなので他商品との比較はしていません。

 

 

ILIFEの中でもなぜV8sを選んだか?

f:id:take_blog:20190514182939j:plain

ILIFEの製品は「Aシリーズ」と「Vシリーズ」に分けられます。

その違いについてはちょっと分かりにくいのですが、

  • Aシリーズ⇒カーペット向け
  • Vシリーズ⇒水拭き対応

僕の家はカーペットはほぼ敷いていないのでVシリーズにしました。

Vシリーズの中でV8sを選んだ理由は以下の4つ。

  • 水拭きに対応している
  • シリーズ最大のダストボックス容量(750ml)
  • 曜日ごとの予約設定ができる
  • フローリングに合ったデザイン

価格だけで考えれば同社の「V3s Pro」を選んでいました。

アマゾンの底値は¥11,000(2019年月現在)程度なので気軽に購入できます。しかし上記4つの条件とは合致しなかったので見送り。


ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ペットの毛に効果的 自動充電静音&強力吸引落下防止と衝突防止

 

V8sを使用して気になった点

動作音

音の大きさとしては掃除機よりは小さいですが、うるさいのはうるさいです。

TVのボリュームは上げる必要があるでしょう。

四隅の掃除も問題なし

f:id:take_blog:20190829225919j:plain

引用:ILIFE公式サイト

丸い形状なので「四隅のゴミは取り逃すのでは?」と思ってましたが、「弓形計画走行」モードなら積極的に隅に向かってくれますし、届かないところは2つのサイドブラシがかき出してくれるので問題なかったです。

カーペット・コード類を巻きこむ

f:id:take_blog:20190514183353j:plain

テスト起動で大立ち回り

【問題があったもの】

  • 柔らかい素材のカーペット
  • ペットのトイレ用シーツ
  • 家電のコード類

基本的に押せるものは押してグイグイ進んで行くので、掃除中に止まらないように掃除前にある程度片付けておく必要はあります。

「掃除する為に片付ける」と聞くと本末転倒な気がしますが、どこが良くてどこが駄目か分かってくると大した手間でもありません。

f:id:take_blog:20190524165002j:plain

逆に硬い場所は少々の凸凹であっても乗り越えていきます。

この大きなホイールのおかげで動作は安定しています。

 

充電ドック周りはスペースが無くてもOK

f:id:take_blog:20190514181931j:plain

説明書には「左右に1m、前方に2m」の空間を空けるように書かれています。

しかし部屋の都合上、画像の位置に充電ドックを置いていますが、まず問題なく帰ってきます。今のところ迷子になってないですね。

ただ、迷子にはならない代わりに寄り道します。充電ボタンを押しても掃除しながらドックに戻るのでなかなか帰りません。真面目なんですかね(笑)

動画では結構あちこちガンガンぶつけてますが、衝撃吸収バンパーが付いているので傷が付くことはありません。

 

ダストボックスの手入れがしやすい

f:id:take_blog:20190524164853j:plain

容量が750mlと多めなので数回掃除しなくても余裕があります。

溜まったゴミを捨てる時は上蓋を開けてブロック状になったゴミをつまんでやれば簡単に捨てられます。ペットの毛もしっかり取れているのが分かりますね。

f:id:take_blog:20190519135730j:plain

ペットの足に付いたであろう細かい砂や砂利も。散歩後に毎回拭いてますが取れていないものですね。

何度も同じ場所を掃除する

Amazonのレビューにもありましたが、同じ場所を同じように掃除することがあります。確かに動きを観察していると「ゴミがそこにあるのに何でそこをやらないんだ?」と思う気持ちも分かります。

ただ、お掃除ロボットの特性は代わりにやってくれることにあるなので、あまり神経質にならずに放っておく位がちょうどいいでしょう

 

V8sを普段どう使っているか?

f:id:take_blog:20190514185718j:plain

分かりづらい高さ比較

犬の散歩に行っている間(30~40分ほど)に掃除してもらう

という使い方がメインになってます。どこまで掃除してもらうかにもよりますが、大体はその時間内で終わってしまってます。

とはいえ部屋の整理さえしていればいつでも起動できるので、好きな時に使ってます。

掃除モードは省エネルギーで効率的な「弓形計画走行」を使うことがほとんどですね。

 

初めてお掃除ロボットを購入して

f:id:take_blog:20190514185800j:plain

レビューしてる方々が「愛着が沸く」と書いていた理由がよく分かりました。

「お家見つけた?」
「またそこ?(笑)」
「お疲れさん」
「おーい!」

など、気付けば自然と声を掛けています。

大げさに言えば新しい家族が増えた感じです。

掃除して欲しい隅のゴミも狙い通りに掃除してくれていた時は感心しましたし、買って良かったと思いました。

「お掃除ロボットってちゃんと掃除してくれるの?」
「ルンバじゃなくても大丈夫?」
と思っている人ほどおすすめしたいですね。