青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

今現在欲しいロードバイクを考える

f:id:take_blog:20180907112329j:plain
最近クロスバイクに投資していく中で「いつかはロードも…」という思いが強くなり、最近はネットでロードに関する記事・動画を漁る日々が続いています。
将来ロードを買った時、その1台を選ぶまでの軌跡を残しておこうと思います。
※まだ上辺だけの知識なのでその点加味してご覧下さい

 

購入条件

重さ10kg以下

せっかくロードを買うわけですからクロスと同じくらいの重さではガッカリします。
最低でも9kg(できれば8kg)台で、手に持ったときに「軽い!」と実感できる重さが良いです。であればアルミでも構いません。

 

コンポはティアグラor105以上

f:id:take_blog:20180908165554j:plain
via.https://bike.shimano.com/ja-JP/home.html
コンポは非常に、非常に悩むところです。
よく「レースに出るなら105以上」と言われていますが現状レースに出るかどうかは分からない。けどサイクリングは100kmくらい行くようになるかもしれない。正直乗ってみないと分からないですね。

なので「ティアグラでも良いけど105ならなお良し」といったところでしょうか。

ただブレーキはシマノ製が絶対です。

 

カラー・デザイン

青が好きですが青は既にジオスに乗っているのでロードでは別の色が良いですね。
ベースは黒系でポイントに青系を使っているモデルがベスト。ベースはマット系だとなお良いですがマットカラーは手入れが難しいと聞きますのでそこは悩みどころ。
フレームはロードらしい細身のシルエットのものが良いですね。

 

予算は15~20万まで

f:id:take_blog:20180908170131j:plain
もちろん安いに越した事は無いですが自分の求めるものであれば多少のオーバーは許容範囲。初期投資を抑えて後からグレードアップするよりも後悔しないものを買って長く使う方向性。

 

以上から考える欲しいロード

Corratec/DOLOMITI 105 ※2018年モデル

f:id:take_blog:20180902203338j:plainvia.http://ysroad.co.jp/futakotamagawa/2018/03/17/36951

①約8.7kg ②シマノ105 ③マットブラック/ブルー ④16万4千円

現在の最有力候補。トレック、ビアンキくらいしか知らなかった自分にはコラテックというブランドはもちろん初めて耳にします(親戚が乗っているロードという事で知りました)。驚きは105フル装備でこの価格。コンポのグレードによってデザインが変わるブランドが多い中コラテックはデザイン固定でコンポによって価格が数種類あるラインナップの仕方も好印象。
だんだん細くなるトップチューブのフォルムは独特。実物を見ましたがとてもカッコいい…欲しい。


2019年モデルはさらに価格が下がってダウンチューブがアップデートされた模様。
マットブラック×ブルーも健在でデザインの大きな変化も無し。買いか…?

www.cyclowired.jp

 

SCOTT/SPEEDSTER SE ※2018年モデル

f:id:take_blog:20180902204329j:plainvia.http://www.scott-japan.com

①約9.16kg ②シマノアルテグラ ③マットブラック ④19万9千円

自分にはややオーバースペックかなというモデル。だったら105搭載の「SPEEDSTER 10」で良いのでは?と言われそうですが色が好きじゃないのです…しかもブレーキにテクトロが使われています。スピードスターシリーズはほぼブレーキがテクトロなので正直このモデル以外は候補から除外されますね。
こちらもトップチューブが段々細くなる造形が綺麗。ブランドロゴがデカデカと描いてるのに全体的にシャープに見えます。

 

Bianchi/Impulso ※2019年モデル

f:id:take_blog:20180902205316j:plain
via.http://www.japan.bianchi.com/

①非公開(9kg以下?) ②シマノ105 ③マットブラック/チェレステ ④17万3千円

でましたビアンキ。上で自分が何故ビアンキを知っていたかというと街で見るからです。クロス・ロード問わずビアンキは本当によく見かけます。そして間違いなくお店に大きなコーナーが設けてあります。個人的にはミーハー感があってあまり気乗りはしませんが…
ですがデザインは素敵です。マットブラックにビアンキの代名詞ともいえるチェレステカラーがとても映えます。ワイヤー内臓では無い点は少し気になります。

 

FELT/F75 ※2018年モデル

f:id:take_blog:20180905015335p:plain
via.https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/

①約8.84kg ②シマノ105 ③マットブラック ④14万8千円

フェルトの特徴としてよく挙げられている7005アルミ。強度と剛性が高いと言われていますがそれがプラスなのかマイナスなのか自分が分からない点が不安要素。
しかしその価格は非常に魅力です。この価格なら安価なものになりそうなブレーキ部分もShimano BR-R561が採用されています。デザインも落ち着きがあります。

※Fシリーズは2019年モデルから廃番?

 

TREK/Emonda ALR5 ※2019年モデル

f:id:take_blog:20180906123606j:plain
via.https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

①約8.96kg ②シマノ105 ③パープルフリップ ④17万2千円

トレックも良く見かけます。乗っている人は車体からジャージまで一式トレックなイメージです。
こちらは2019年モデルからフルモデルチェンジしたEmondaALRシリーズ。コンポ(ブレーキ込み)新型のシマノ105で揃えてダイレクトマウントブレーキ、フレームの溶接も綺麗とカタログスペックは抜群。価格も20万を切ってます。
ただ色が…角度によってはブルーにも見えてかなり独創的な色ですが好みではありません。
近所にコンセプトストアがあるので購入のしやすさという点でトレックは候補に入れたいブランドですが、なかなか好みのものが無い印象。

www.youtube.com

いろいろ調べましたが現状この5台が購入候補です。 
ネット眺めてるだけでは分からないので後は実物を見て、乗ってみてですね。