青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

2021年の腕時計人生とブログ運営を考える

f:id:take_blog:20210102160256j:plain
「青に惹かれて。」の読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます。

今回は2021年1本目となる記事ということで、今年の抱負を書きたいと思います。

激動の2020年を終えて迎える今年はどんな腕時計人生になるのか?どんなブログ運営をしていくのか?お時間ある時にでも目を通していただけたら幸いです。

 

 

今年は時計は買わない

去年はプレザージュオリスの2本の腕時計を買いました。

プライベートにはポルトギーゼ、仕事にはアクイスと腕時計の軸が決まったこともあり、今年は新しい時計は買わずにローンの返済に充てたいと思います。

なのでどれだけ煽られてもなびくことはないでしょう(フリに有らず)。

 

記事の方向性はそこまで変わらない

記事の内容は大体この3つになるかと思います。

  1. インタビュー記事
  2. 着用・借用レビュー記事
  3. 人生観を絡めた記事

腕時計を買わなくても記事を書くことはできるので、基本的には変わらないと思います。

ですが昨年末から始めたインタビュー記事には大きな可能性を感じています。ポルトギーゼオーナーの方に絞ることでシリーズとして固めることができますし、単純に人の腕時計に対する考え方を見るのは関心を惹きやすいかなと。

SNSで得た関係から発展して「ポルトギーゼオーナーオフ会」なんてのも楽しいかもしれません。

ゆくゆくはポルトギーゼオーナー以外の方にも接触を計りたいと思っていますが、それはまだ先の話。

 

3つ目の「人生観を絡めた記事」というのはかなり個人的な内容になります。

僕は「結婚」の2文字が無視できない年齢に差し掛かっており、そこと腕時計との関係性を書いていく感じですね。独身のうちにしか書けないこともあるのではないかと思います。ちなみに結婚の予定は全くありません。

 

"時計は素敵"をなくす

これは以前深夜につぶやいたものを引用したものです。このツイート自体はかなりネガティブですが、今でも基本的な考えは変わっていません。

なにもキラキラ✨アゲアゲ👆な日々を送るわけでは無く、月に一度でも良いので非日常な空間を楽しむ。そしてそこに腕時計がある。その為には金額や時間は惜しみなく使う。素敵な週末にプラスして素敵な時計まであったら素晴らしいなと思います。

f:id:take_blog:20210103001613j:plain具体的には食事や旅行といった一般的な内容になるでしょう。旅行先で特別な体験をしなくても、普段取れない時計の写真を撮ってSNSに投稿する。そんなことでも良いんです。今の時期だと温泉が良いですね。
ハマってきたら時計を撮る用のカメラを買って、そのレビュー記事を書いても良いでしょう。

しかし記事にすることは無いかもしれません。ブログよりはツイッターが向いているでしょう(ツイッターはFleet機能の実装により記録するツールとしてかなり使いやすくなりました)。

ちなみにこのツイートに対してkoji_nakazawa(@nkzwkouji1206)さんからこんなリプライをいただき、胸が熱くなったことをここで報告しておきます。 

 

30代のうちにランゲ購入を(ほぼ)決心

フォロワーのどーむ (@dome_watches)さんのこのツイートは刺さるものがあり、これまで以上に自分の「好き」にお金を掛けようと思いました。

 

f:id:take_blog:20191022195831j:plain
出典:A.ランゲ&ゾーネ公式

僕のあこがれでもあり、いつか手に入れたい時計にA.ランゲ&ゾーネのサクソニアがあります。将来的に結婚したとして、その後にサクソニアを買うのは相手の理解がないとかなり難しいと言えるでしょう。

このツイートを見てから独身である今のうち、それも30代でランゲに到達するのも悪くないと思うようになりました。ちなみに結婚の予定は全くありません。

35歳となる来年は仕事で大阪に行く可能性があるので、そうなった場合は梅田にあるブティックを訪れる予定です。そこで何か起こるかもしれません。様子を見てみましょう。

 

コンスタントに1万PVは叩き出したい

最後に数字の話を。

先日、ブログを開設した当初目標に掲げていた"月間1万PV"を達成しました。数字の為にブログ運営はしていませんが、気にならないといったら嘘になります。自分でコントロールできない部分であり、googleアップデートなどの影響もありますができればこれを続けたいと思います。

その為にはブログとしての独自性を出しつつ、これまで以上に読む人のためになる内容を意識したいと思います。