MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ
ポルトギーゼの青文字盤ならどっち?記事を読む

【15万円以下】ティソ バラードオートマティック購入レビュー

f:id:take_blog:20190920113144j:plain

今回はスイスブランド「ティソ」のバラード オートマティックを購入したのでレビューします。

ティソは「ブレゲ」や「オメガ」と同じ”スウォッチグループ”に属しており、高品質低価格を実現している優良ブランド

バラードもその例外ではなく、むしろそれを表していて生涯の腕時計選びが完結してしまうほど完成度が高い時計だと感じています。

それが決して大げさではない理由を今から紹介していきます。

レビューしているのはステンレスモデルの黒文字盤(T108.408.11.057.00)です

もくじ

なぜバラードを買ったか?

仕事用の時計が欲しくてバラードを選びました。その理由は以下の4つ。

  1. 仕事で使いやすいデザイン
  2. 精度の高さ
  3. 耐磁性の高さ
  4. 腕馴染みの良いブレスレット

仕事で使いやすいデザイン

仕事で使うのでクロノグラフやオープンハート、ローマンインデックスは除外しました。

シンプルな3針かつ、できればデイト付きのものを探していました。

f:id:take_blog:20190920113129j:plain

バラードには白文字盤もありますが、黒文字盤を選んだのは絶妙な色合いが気に入ったから。

角度によって黒やグレーに変化する文字盤は他のカラーに無い魅力でした。

f:id:take_blog:20180524095634j:plain

また、ベゼルに施されたクル・ド・パリ装飾(鋲が並ぶ加工)は見た目にも美しく、傷が目立ちにくいです。

実用性と芸術性を兼備しています。

非常に高い精度

f:id:take_blog:20190920113209j:plain

秒単位で働く超多忙なビジネスマンという訳ではないですが、精度が良いに越したことはありません。

機械式腕時計において精度の高さも魅力の一つであると僕は考えています。

その点においてバラードはCOSC認定クロノメーターを取得しているので、精度は申し分ないといえるでしょう。

磁気帯びリスクを減らす耐磁性の高さ

f:id:take_blog:20190920113210j:plain

機械式腕時計を使用する上で磁気には注意しなければなりませんが、バラードはシリコン製のヒゲゼンマイ(腕時計の精度を決めるパーツ)を使用することにより磁気帯びするリスクを小さくしています。

自分の仕事環境ではPCを常に使用しますし、マグネットを触る機会も多いです。 

磁気帯びリスクが小さいというのはそれだけで使いやすいです。

精度と耐磁性については福岡天賞堂さんのブログに分かりやすく書かれていますので是非ご一読ください。

腕に馴染むステンレスベルト

f:id:take_blog:20190920113217j:plain

そしてなんと言ってもこれ。

まだノモスを買う前の頃、色々な時計を試着していました。

その時にバラードも試着したのですがその装着感に感動したのを覚えています。

腕に自然に馴染み滑らか。ステンレスなのに重くない。

仕事で長時間身に着けるものなので、違和感が少ないブレスレットは重要なポイントでした。 

バラードの基本スペック

  • 重量:130g
  • 防水:5気圧防水
  • ケース幅:41mm
  • ラグ:20mm
  • 厚さ:9.8mm
  • ガラス:サファイアクリスタル
  • パワーリザーブ:80時間

まとめ

f:id:take_blog:20190920113219j:plain

これだけの機能性・実用性を備えておきながら10万円ほどで買えてしまう。

ティソは前々から気になっていたブランドで欲しいと思っていました。

150年以上の歴史と実績を持ちながら、手の届きやすい価格設定とそれに見合わない高品質な時計はそれだけで魅力的です。

特にこのバラードに関しては3倍の価格でもおかしくないと思います。

今回はバラードを買いましたが「ル・ロックル」や「シュマン」、「バナナ」などまだまだ気になるモデルはあります。

引き続き注視したいブランドです。

バラードを1年間・3年間使ってみて

バラードを1年間、3年間使ったレビュー記事を個別に書きましたので、こちらにまとめておきます。

それぞれ異なる切り口でレビューしていますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
もくじ
閉じる