青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

ドレスウォッチを仕事時計にして傷だらけにした話【ティソ バラード購入から3年】

f:id:take_blog:20210501050741j:plain

この記事ではティソのバラードを仕事時計として3年間使った感想を書いていきます。

バラードのレビューはこれが三度目ですが、今回はレビューというよりは自分の考えを書いている感じです。

結論としては、傷だらけになってもドレスウォッチといえるバラードを仕事時計に選んだのは正解だったという事です。

実用的なレビューは過去記事を参照していただけたらと思います。

 

 

3年間でどれくらい傷がついたのか?

まずはこの3年間でついた傷を見ていきましょう。あまり見たくはないですが…

f:id:take_blog:20210409121306j:plainf:id:take_blog:20210409121317j:plainまずはブレスレット。
こちらは12時側。小傷が凄いですね…


f:id:take_blog:20210409121326j:plainf:id:take_blog:20210409121331j:plainf:id:take_blog:20210409121334j:plain6時側はもっとひどくて、小傷どころか大傷があります。これはかなり目立ちます。見つけた時はショックでしたね…

 

f:id:take_blog:20210409122008j:plainそれからもう一つ大きな傷はラグ付近にも。左側のキズはシミみたいでとても嫌です。

クリスタルガードクロノアーマーは塗布していますが、正直ブレスの傷はもう諦めてます。

 

f:id:take_blog:20210409123637j:plainf:id:take_blog:20210409123640j:plainケースサイドやラグにも、もれなく小傷が。机の上に横にして置いた時に付いたものだと思われます。

一方、ベゼルはクル・ド・パリ装飾が良い仕事をしてます。この箇所に傷が付いているかは肉眼では見てとれません。実用面でも利点がある装飾というのが分かります。

 

f:id:take_blog:20210429181438j:plainf:id:take_blog:20210429181440j:plainf:id:take_blog:20210429181444j:plain流石にまだ風防には傷は見られません。

 

カテゴリー分けして使用場面を限定するのはもったいない

f:id:take_blog:20210428113607j:plain例えば、こんなイメージを持っている人はいませんか?

「ドレスウォッチはフォーマルシーンでしか使えない」

確かにフォーマルシーンに合う時計ですし、映えます。購入当初、実用的に使うことに疑問を持たれたこともありました。ですが、フォーマルシーン以外で使えないということは決してありません。

f:id:take_blog:20210429180329j:plain僕も便宜上、ブログでは「ビジネスシーンで使える」なんてフレーズは使いますが、それ以外では使えないとは思ってません。

個人の勝手なカテゴライズで使用場面を限定する必要は無い、というのがバラードを仕事時計にしてきて思ったことです。

同じティソであれば、バラードよりジェントルマンの方がビジネスシーン向きな時計といえるかもしれません。

ですが、バラードは薄くて軽いので、着けていてとても楽だと感じます。
肌に触れる腕時計において、違和感が少ないのは重要です。数時間着ける職場であればなおさら。

f:id:take_blog:20210501050547j:plain要はバラードだろうがジェントルマンだろうが、自分が好きな時計を着ければいいということ。ドレスウォッチでも仕事時計にしていいんです(流石に限度はありますが)。

とはいえバラードはパワーリザーブ80時間、クロノメータームーブメント、シリコン製ヒゲゼンマイによる耐磁性能という、そもそもが実用的なスペックではありますが…(笑)

 

 

バラードを仕事時計にして正解だった

f:id:take_blog:20210429180244j:plain※クロノスさんの掲載許可を得ています

3年間使ってきた結論として、バラードを仕事時計にしたのは正解だったといえます。

現在はガシガシ使えるダイバーズウォッチのアクイスと併用していますが、仕事時計として良いバランス関係が築けていると感じます。
アクイスはアクティブで若いイメージだとすれば、バラードは品とか渋みというイメージです。クル・ド・パリ装飾と、5連ブレスが良い雰囲気を出しています。

ただ、黒文字盤の視認性の低さはやはり気になります。ここは唯一のデメリット。カッコいいので僕は気に入っていますが、視認性を考えるなら白文字盤をオススメします。

なぜかティソの中ではあまり注目度が高くないモデルですが、自信をもって仕事時計におすすめしたいですね。