青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

ノモス タンジェント ネオマティック 35mm【借用レビュー】

f:id:take_blog:20190921174319j:plain

今回は、友人が購入したノモスのタンジェント ネオマティックを借りてレビューしています。

  • 通常のタンジェントとなにが違うのか?
  • ネオマティックとは?
  • 35mmのサイズ感は?

記事後半では、僕が所有するタンジェント38mmとの比較画像も載せています。

それではさっそく見ていきましょう。

 

 

そもそも"ネオマティック"とは?

f:id:take_blog:20190921173942j:plain

一言でいうと「DUW3001」を搭載したモデルです。

DUW3001とはノモスが2015年に発表したムーブメント。

  • 機構:自動巻き
  • 厚さ:3.2mm
  • 直径:28.8mm
  • パワーリザーブ:43時間

注目はその薄さ
自動巻きでありながら、手巻きのキャリバーαと比べても0.6mm厚いだけです。

ムーブメントが薄ければそれだけケース本体も薄く・軽くなるので、メリットは大きくなります。

逆にケースの薄さ・軽さにメリットを感じないのであれば他モデルでも良いでしょう。
ネオマティック搭載モデルは価格が上がりますから。

 

 

タンジェント ネオマティック外観

f:id:take_blog:20190921174319j:plainf:id:take_blog:20190921174308j:plainf:id:take_blog:20190921174257j:plainf:id:take_blog:20190921174245j:plainf:id:take_blog:20190921174234j:plain色が多いなというのが第一印象です。

インデックスの分マーカーは5分おきにアラビア数字を使用し、シアンブルーに色付けされているので全体を可愛いらしい印象にしています。

スモールセコンドにはを使用。
時分針はブルースチールではなく黒染め。

「neomatik」の文字はカタログではピンクゴールドですが、光の下ではシルバーに近いです。

これだけの色を使いながら全体がしっかりまとまっているのは見事です。

 

タンジェント38mmと比較

f:id:take_blog:20190921174108j:plainf:id:take_blog:20190921174223j:plainf:id:take_blog:20181124164128j:plain
こうして並べてみると大きさの違いがよく分かります。
たった3mmの差でここまで印象が変わるのは腕時計ならでは。

デザインの細かい違いも見て取れます。

 

f:id:take_blog:20190921174138j:plainf:id:take_blog:20190921174148j:plain※右がネオマティック。

尾錠とストラップの形状も違います。

このネオマティックシリーズ限定のストラップは少し厚みがあって、手触りも違います。

f:id:take_blog:20190921174159j:plain自動巻きにも関わらず、手巻きのタンジェントと比べてケースの厚みが0.3mmしか違わない(ネオマティック7mm、手巻き6.7mm)のは驚異的です。

うまく撮影できませんでしたが、肉眼ではほぼ同じに見えます。

タンジェント ネオマティック基本情報

  • ケース幅:35mm
  • ケース厚:6.9mm
  • ラグ幅:18mm
  • 重量:42g
  • パワーリザーブ:43時間
  • 防水:3気圧
  • 価格:¥434,500(税込)
  • 型番:TN130011W2
  • 製品ページ

 

ameblo.jp

 

購入者に質問

f:id:take_blog:20190921174022j:plain

  • Q:なぜタンジェント ネオマティックを選んだのですか?
  • A:直感。それから視認性の良さ、赤の秒針が可愛かったからです。

購入者である友人は今回が2本目の機械式腕時計。高級時計という観点でいえば実質初めての時計です。

メトロ(デイトパワーリザーブモデル)とどちらにするか悩んでいたそうですが、ドーム型風防による視認性が気になり、最終的にタンジェントを選んだそうです。

個人的に初のノモスでメトロとタンジェントで悩み、そしてネオマティックを選ぶセンスは今後が楽しみな逸材だと感じています。

 

まとめ

f:id:take_blog:20190921174118j:plain今回の記事が実現したのも大学生時代の友人がたまたまこのブログを見たのがきっかけで(知人・友人にはこのブログのことは一切教えていません)、快く協力してもらったからです。
この場を借りて改めて感謝したいと思います。

友人のインスタグラムはこちら

借用レビューという詐欺のような記事ですが、なかなか感触がよかったので今後もしかしたらまたやるかもしれません。