青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

【購入レビュー】ノモス タンジェントを持っている僕がアホイも買った3つの理由

f:id:take_blog:20190323220924j:plain

今回はノモスのダイバーズウォッチであるアホイ アトランティック(AH1E1AT2N)買ったのでレビューします。

ノモスの時計を買うのは二度目です。しかもデザインが似ているタンジェントを所有しています。

「同じような時計買って…」と言われそうですが後悔は全くありません。なぜならタンジェントとは全く違う時計だからです。

アホイは薄くて軽い上に20気圧防水なので、普段使いしやすいんです。特に夏場はアホイばかり着けています。

また、ノモスのこだわりを感じるモデルでもあります。

アホイに興味がある方、アホイを買おうか悩んでいる方は、この記事を読んでぜひその魅力を知って欲しいと思います。

 

 

理由その1:ダイバーズウォッチなのに薄くて軽い!

f:id:take_blog:20190323220359j:plain

アホイのケース厚は10.6mm・重さは70gです

これはダイバーズウォッチとしてはかなりスマートなサイズです。タンジェント(ケース厚6.7mm・重さ48g)と比較してもそこまで大差ありません。

特に重さが100gを切ってるのは素晴らしいと思います。全然重くないです。

ダイバーズウォッチって基本となるデザインが大体同じで、一言でいうと無骨なイメージです。

それが良いところなんですが、そうじゃないダイバーズウォッチが欲しいという人もいると思うんです。

アホイのこのスマートさはそういう人に刺さると思います。

 

理由その2:普段使いしやすい

水辺のレジャーでも安心して使える20気圧防水

f:id:take_blog:20190323220155j:plain20気圧防水であれば雨はもちろん、水泳・サーフィン・釣りなど水辺のレジャーでも安心して使えます。

普段の生活で直面しやすい、手洗いの水や雨はまったく気にしなくていいのは楽ですね。

 

 

水濡れ可で手入れも楽なナイロンベルト採用

f:id:take_blog:20190323220207j:plainf:id:take_blog:20190323220201j:plainアホイはケース本体だけでなくベルトにも気を遣わなくていいんです。
フランス産のオーダーメイドは肌触りがよく、腕に馴染みます。 
手入れも楽で、水とハンドソープで洗って乾かすだけです。

1年中使えるデザインでしょう。

 

 

時分針が光るので暗闇でも使える

f:id:take_blog:20190323215546j:plain

時分針に塗られているスーパールミノバ(夜光塗料)は日常でも便利。

ライムグリーンの部分が光ります。

 

リューズガードがある安心感

f:id:take_blog:20190323215541j:plain

アホイはノモスでは珍しく、リューズガードが採用されています。

最初は「これだけで意味あるの?」と思っていましたが、触ってみると有るのと無いのとでは大違い。側面からリューズをぶつけることを防いでくれます。

ただねじ込み式のリューズはロック解除しなければ針を動かせないので時刻合わせは面倒です。

画像のように解除したままでも良いんですが、ホコリが入りそうなので僕は保管するときは閉めています。

 

スーツにも合う

また、職場でも使えるのではないかと思います。

先日仕事で2週間アホイを着けていたんですが、十分使えるという印象を抱きました。スーツとの違和感がなかったです。

f:id:take_blog:20190323220935j:plain

←36mm  40mm→

「スーツに40mmは大きい」と感じるのであれば、「ネオマティックキャリバー」搭載の36mmサイズもあります。袖口の収まりがよく、より違和感が無くなります。

 

 

理由その3:個性を持ちつつ、ノモスらしさを失っていない

f:id:take_blog:20190323221157j:plainこれは少し感覚的な理由になってしまうんですが…

「ノモスらしくもあり、ノモスらしからぬ時計でもある」からです。

タンジェントを所有している僕にとってアホイは「魅力的だけどタンジェントとデザイン変わらんしなぁ…」というイメージでした。 

でも買いました。なぜか?

それはデザインの根幹が崩れずに、なおかつ細かいところで大きな違いをつくるノモスのこだわりに脱帽したからです。 

 どういうことかというと、分厚いケースやリューズガードを持つアホイは僕のノモスのイメージとはかなり違う時計だと感じました。

それはアホイが「どんな場面でも」着けることを想定しているから。
逆にタンジェントは「どんな場面でも」着けることを想定していません。

一見するとタンジェントと同じようなデザインでも、モデルによってノモスのこだわりがあることに気づいたんです。

それでも、ダイバーズウォッチだからといってノモスらしくない分厚さや重さになったりすることはありません。崩さないところは崩さない。

ここがアホイ一番の魅力だと思ってます。だから「タンジェントと変わらんしなぁ…」と感じていても買ったわけです。

正直これはタンジェントを所有している僕だから感じる部分かもしれませんし、写真だけではなかなか伝わらないところだと思います。

 

アホイ アトランティック まとめ

f:id:take_blog:20190323220218j:plainレジャーシーン、特に夏場の海にピッタリな時計でしょう。

この記事の写真は全て室内で撮ったものですが、やはり明るい室外で撮った方が映えるだろうなと思います。

 

f:id:take_blog:20190504014740j:plain

※追記:やはり太陽の光を浴びる屋外だと黒が引き締まって良いですね。色の影響もあるでしょうがタンジェントにはなかったカッコよさをアホイに感じます。

これから先はどんどん暑くなる季節なので思えば良いタイミングでの購入になりましたね。
これからの僕の夏の時計はアホイ一択です!

今年から僕の夏のインスタはアホイで埋め尽くされることでしょう(笑