MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ
ポルトギーゼの青文字盤ならどっち?記事を読む

上がり時計にしたい青文字盤の腕時計5選【100万円以上】

青文字盤の時計が好きだという事はこのブログでも度々言っていますが、上がり時計については考えたことが無かったので今回5本選んでみました。

選定基準はこの3項目。

  1. 青文字盤
  2. 100万円以上
  3. 個人的な好み

買える買えないは置いておいて、純粋に憧れ的な観点で選んでみました。

また、個人的好みで選んでますので全ての人に当てはまるとも限りません。

ニュアンス的には「僕が選んだ最強の青文字盤5本」という感じなので、こんな選択肢もあるんだと思って見ていただけたら幸いです。

もくじ

上がり時計候補となる青文字盤5選

このクラスになると正規価格で買えないモデルも出てくるので、価格表示はしていません。

ブレゲ「マリーン」

  • ケース幅:40mm
  • ケース厚:11.5mm
  • パワーリザーブ:55時間
  • 機構:自動巻き

今までブレゲの時計は、自分好みでは無いのでリストから外していました(価格的にも手が届かない)。

しかし何気なく百貨店でこのマリーンを見てみたら、その輝きに目を奪われました。

波模様を模したギョーシェが光を反射してキラキラ輝く様は宝飾品。

マリーンと共に海を眺めながら過ごすひととき…そんな瞬間を迎えられたらなんて素敵なんでしょう。

まさに上がり時計にふさわしい1本。

モリッツ・グロスマン「ベヌー・パワーリザーブ」

f:id:take_blog:20200505145724p:plain
出典:モリッツ・グロスマン公式

  • ケース幅:41mm
  • ケース厚:11.65mm
  • パワーリザーブ:42時間
  • 機構:手巻き

モリッツ・グロスマンはアトゥムが好きでしたが、実機を見てみるとこの「ベヌー・パワーリザーブ」のバランスの良さに一目惚れ。

パワーリザーブインジケーターの赤と白が青文字盤とよく合います。

僕が人生で初めて訪れたブティックがモリッツ・グロスマンだったので、そのブランドで最後を締めるというのも悪くないですね。

ウルバン・ヤーゲンセン「Ref.1140L WG」

出典:WordTempus
  • ケース幅:40mm
  • ケース厚:?
  • パワーリザーブ:72時間
  • 機構:手巻き

色違いですが、ローズゴールドモデルを着けた時とても洗練された美しさを感じました。

特にスモールセコンドのギョーシェは目を引きます。これが手作業というのですから驚きです…

時針が6時位置に来ると、スモールセコンド針の中心とピッタリ合うようになっている?のが素晴らしいと思いました。

これだけシンプルなデザインなのに、唯一無二な雰囲気を感じます。

f:id:take_blog:20210313233036j:plain

ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ」

f:id:take_blog:20200629200914j:plain
出典:ヴァシュロン・コンスタンタン公式

  • ケース幅:41mm
  • ケース厚:11mm
  • パワーリザーブ:60時間
  • 機構:自動巻き

正直に言うと、ヴァシュロン・コンスタンタンというブランドには「これ」というモデルがない印象でした。

しかしこのオーヴァーシーズをSNSで見た時に、そのあまりにも深い青色に引き込まれたのを覚えています。 

購入時に3種類のストラップが付属しているという点も魅力。アリゲーターレザー、ラバー、マルタ十字を模したステンレスブレスレットの3つは工具なしで簡単に交換できます。

特にマルタ十字を模したステンレスブレスレットの形状はとてもアイコニックで、オーヴァーシーズを所有する意味を与えてくれるでしょう。

25,000A/mまで耐えられる耐磁性の高さも見逃せません。

ですが、次第に入手困難なモデルになってきています。

ショパール「アルパイン イーグル」

f:id:take_blog:20200919224732p:plain
出典:ショパール公式

  • ケース幅:41mm
  • ケース厚:9.7mm
  • パワーリザーブ:約60時間
  • 機構:自動巻き

今回挙げた中では最も安い、100万円台で買える時計です。

色々言いたいことはあるんですが、あまり語らずとも見れば分かるというか…試着してみてここまで心酔する時計は久しぶりでした。

一言でいうと「とてもよく考えられた時計」だと思います。

ワシの目の虹彩をイメージした独特なダイアルデザインや、ジュエラーらしい美しいブレスレットは所有欲を満たしてくれることでしょう。

予算100万円もないよ!という方は

上がり時計候補ということで100万円以上の時計を選びましたが、価格が上がり時計を決めるわけではありません。

人によっては50万円の時計でも十分上がり時計となります。

そういう方にはこちらの記事もお役に立てると思います。

上は90万円台から下は1万円台までとかなり幅広い30選となっていますので、様々な需要に応える内容になっているのではないかと思います。

こちらも個人的に好みな青文字盤を選んでみました。

更新履歴

  • ショパール「L.U.C」→ヴァシュロン・コンスタンタン「オーバーシーズ」に変更
  • グランドセイコー「SBGW259」→ショパール「アルパインイーグル」に変更
  • A.ランゲ&ゾーネ「サクソニア」→ブレゲ「マリーン」に変更
  • オーデマ・ピゲ「ロイヤルオーク」→ウルバン・ヤーゲンセンに変更

まとめ

青文字盤の時計は数ありますが、上がり時計候補となるとその数はグッと減ってくる印象です。

人によって上がり時計は異なるものですが、最後を飾るにふさわしいモデルを選んでみたつもりです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
もくじ
閉じる