青に惹かれて。

腕時計を中心に色々と綴る男。テンプレでは無いオリジナルなブログを作りたい。まずは毎月1万PV・収入1万円を目指す。

上がり時計にしたい青文字盤の腕時計5選

f:id:take_blog:20200505171520p:plain出典:オーデマ・ピゲ公式

青文字盤の時計が好きだという事はこのブログでも度々言っておりましたが、上がり時計については考えたことが無かったので今回5つだけ選んでみました。

個人的に上がり時計は白文字盤のイメージですが、青文字盤でもふさわしいモデルがあるのでしょうか?

選定基準は、 

  1. 青文字盤
  2. 100万円以上
  3. シンプルなデザイン
  4. 個人的な好み

の4項目です。

100万円以下の青文字盤については別記事でまとめてあります。

www.take87-bluelover.com

 

 

A.ランゲ&ゾーネ「サクソニア」

f:id:take_blog:20200505145129p:plain
出典:A.ランゲ&ゾーネ公式

  • ケース幅:35mm
  • ケース厚:7.3mm
  • パワーリザーブ:45時間
  • 機構:手巻き

ケース幅、厚み共に理想的な数字。

ランゲといえばランゲ1を連想する人が多いと思いますが、僕は昔からサクソニアに憧れています。

文字盤はシンプルすぎず無駄のないデザインです。
6時位置のアプライドインデックスもインダイアルに合わせた長さになっており、バランスの崩れを感じさせません。

青文字盤腕時計の最高峰と呼ぶにふさわしいタイムピースと言えるでしょう。欲しい。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Burdeen's Jewelry Watches(@burdeenstimepieces)がシェアした投稿 -

 

【48回払いまで無金利】SALE ランゲ&ゾーネ サクソニア 219.028(LS2193AA) メンズ(006XLAAU0011)【中古】【腕時計】【送料無料】【キャッシュレス5%還元】

 

モリッツ・グロスマン「ベヌー・パワーリザーブ」

f:id:take_blog:20200505145724p:plain
出典:モリッツ・グロスマン公式

  • ケース幅:41mm
  • ケース厚:11.65mm
  • パワーリザーブ:42時間
  • 機構:手巻き

モリッツ・グロスマンはアトゥムが好きでしたが、実機を見てみるとこの「ベヌー・パワーリザーブ」のバランスの良さに一目惚れ。

パワーリザーブインジケーターの赤と白が青文字盤とよく合います。

ケースサイズは少々大きいですね。

初めてブティックを訪れたブランドを最後に選ぶのも、ストーリー性十分だと言えるでしょう。欲しい。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Moritz Grossmann UK(@moritzgrossmann_uk)がシェアした投稿 -

 

オーデマ・ピゲ「ロイヤルオーク」

f:id:take_blog:20200505145103p:plain
出典:オーデマ・ピゲ公式

  • ケース幅:ー
  • ケース厚:ー
  • パワーリザーブ:ー
  • 機構:ー

※モデルが多岐にわたるので割愛

言わずと知れた業界を代表する時計、ロイヤルオーク。

f:id:take_blog:20200505160617j:plain現行モデルの青文字盤は39・41・42mmとやや大きめ。

以前37mmのコンビモデルを試着した時そのサイズ感がしっくりきたので、37mmで青文字盤があればなお良いですね。

誰もが一度は憧れる、世界三大ブランドで上がるのも乙なものだと言えるでしょう。欲しい。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Nymans Ur 1851(@nymansur1851)がシェアした投稿 -

 

ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ」

f:id:take_blog:20200629200914j:plain
出典:ヴァシュロン・コンスタンタン公式

  • ケース幅:41mm
  • ケース厚:11mm
  • パワーリザーブ:60時間
  • 機構:自動巻き

正直に言うと、ヴァシュロン・コンスタンタンというブランドには「これ」というモデルがない印象があります。

しかしこのオーヴァーシーズをオーナーさんの投稿で見た時に、そのあまりにも深い青色に引き込まれたのを覚えています。 

 

購入時に3種類のストラップが付属しているという点も魅力。ミシシッピーアリゲーターレザー、ラバー、マルタ十字を模したステンレスブレスレットの3つは工具なしで簡単に交換できます。

特にステンレスブレスレットはとてもアイコニックで、オーヴァーシーズを所有する意味を与えてくれるでしょう。

25,000A/mまで耐えられる耐磁性の高さも見逃せません。欲しい。

 

グランドセイコー「SBGW259」

f:id:take_blog:20200505150729p:plain
出典:グランドセイコー公式

  • ケース幅:38mm
  • ケース厚:10.9mm
  • パワーリザーブ:72時間
  • 機構:手巻き

100万円以上ではありませんが候補に入れさせていただきます。

初代グランドセイコーの復刻モデルとして発表された今モデル。

復刻モデルなのにケースサイズが大きめなのがやや残念ですが、「Grand Seiko」の旧ロゴとデイトのない文字盤はクラシカルな雰囲気を漂わせるには十分。

最後に自国ブランドで締める、というのも悪くないと言えるでしょう。欲しい。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Hodinkee Japan / 時計メディア(@hodinkeejapan)がシェアした投稿 -

 

まとめ

青文字盤の時計は数ありますが、上がり時計候補となるとその数はグッと減ってくる印象です。

人によって上がり時計は異なるものですが、最後を飾るにふさわしいモデルを選んでみたつもりです。

個人的にはランゲとグロスマンが気になっているので機会があれば実物を見てみたいですね。