MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ
腕時計について浅く狭く書くブログ

【第26回】ポルトギーゼ・オートマティック白文字盤(IW500712) オーナーの「シュガーパンチさん」にインタビュー

  • URLをコピーしました!

サムネイル出典:@sugarpunch_xxx

ポルトギーゼオーナーにインタビューして、ポルトギーゼにまつわる価値観を紐解いていく当シリーズ。

第26回目となる今回は、僕のツイッターのフォロワーさんであるシュガーパンチさんと、ポルトギーゼ・オートマティック白文字盤(IW500712)を紹介させていただきたいと思います。

インタビュー記事初となるオートマティックオーナーさんです。

もくじ

インタビュイー紹介

シュガーパンチさんへの10の質問

ポルトギーゼ購入の経緯を教えて下さい

話せば長くなるのですが…ポルトギーゼを初めて目にしたのは10年以上前で、ネットで見かけたポルトギーゼ・クロノグラフでした。

当時は近場に正規店も並行店もないような田舎で働いていたので、現物を手に取る機会も無く、ただネットで眺めては「カッコいいけど当時20代で工場勤務の自分には似合わない…」と、憧れと諦めが心の中でループしていたのを覚えています。

5年前に転職と共に大阪に引っ越してきたので、さっそく現物を見に行ったのですが、憧れが強すぎたのかポルトギーゼ・クロノグラフの現物を見た時には違和感を感じてしまい、ヨットクラブの方が良いなと感じました。

転職したばかりでまだまだ購入出来るほどの貯えもありませんでしたし、そこから少しポルトギーゼと距離を置いてしまい、他の時計を購入したりしてました。

当時から理想の時計を探してネットや現物を見て回る日々が続いていたのですが、いつのまにか時間が経ってしまい…しかしその中で段々と嗜好やライフスタイルも変化していき、理想とする形がようやく固まっていきました。

そんなところにちょうど昇進したのと、仕事でヘビーな案件を達成したご褒美も兼ねて、ポルトギーゼ・オートマティックを奥様におねだりして購入しました。

オートマティックを選んだ理由は?

まず、ポルトギーゼシリーズ全体を通して言えることですが、オンでもオフでも使えるということ。そういう意味では白文字盤はマストでした。

次に出来るだけ色数が少ないこと。歳を重ねて無地でモノトーンの服装を着ることが増えてきたというか、逆に白文字盤の時計に合うように洋服の色をモノトーンに寄せていっていたので、インデックスや針もケースと同色が良いなと思っていました。

この2つの条件にバッチリ当てはまったのがオートマティックでした。

あと、クロノグラフは既にタグホイヤーのカレラを所有していますし、オートマティック40は自分の太めな腕にしっくり来なかったというのも理由の一つです。

厚さは気になりませんか?

※紹介モデルの厚さは14.1mm

シャツの袖口にかなり収まりにくいという点で全く気にならないわけではない、というのが正直なところです。

ただ、ポルトギーゼは寸胴型のケースも大きな魅力だと思ってるので、このくらい厚みがある方がストンっとしたケースをはっきりと感じられるので不満はありません。むしろ存在感があって満足度が高いです。

また、ラグが短く角度もついていて腕馴染みがすごく良いので、装着して違和感もないですね。

実用性の高いモデルですが、実際使ってみての良し悪しは?

現場に出る時は別の時計をつけることが多いのですが、それでも全く止まる気配すらしないくらいのロングパワーリザーブは面倒臭がりの私には非常にありがたいですね。

また、ペラトン式自動巻きによって巻上げ効率も良いのでデスクワークオンリーでもすぐに1日分くらいは巻き上がります。

悪い点は美しすぎてついついうっとり眺めてしまって仕事が手につかなくなっちゃうところでしょうかw

他には良い点でも悪い点でもあるのですが、バネ棒が弓形なので隙間から肌は見えなくて良いけどベルト交換に悩む…という点です。

購入前後でポルトギーゼに対する印象は変わりましたか?

10年イメトレを繰り返したおかげか印象の変化はないですw

ポルトギーゼの魅力は?

出典:@sugarpunch_xxx

オンオフ問わず使えて、視認性もよくて、ハンサムなデザイン。

特に、浸透しつつあるビジカジスタイルにはドンピシャで、ようやく時代がポルトギーゼに追いついた感があるなと思います。

また、ポルトガルの商人のために作られた時計(諸説あるようですが)というのもビジネスマンとして浪漫を感じますね。

他にもバリエーションやカラー展開の豊富さもオーナーさんの個性に寄り添ってくれてる感じがして、魅力の一つと言えるのではないでしょうか。

好きな腕時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

A.ランゲ&ゾーネ、グラスヒュッテ・オリジナル、ノモスのデザインは好きです。

ドイツ時計の寸胴型ケースが刺さるみたいです。

シュガーパンチさんの腕時計遍歴を教えてください

タグホイヤー カレラタキメータークロノグラフ(CV2011.BA0786)
出典:@sugarpunch_xxx
ベル&ロス BR-01-94

※現在は売却

SEIKO5 スーツスタイル(SBSA019)
カルレイモン クラシックシンプリティー
IWC ポルトギーゼ・オートマティック(IW500712)

今後、手に入れたい腕時計は?

レッドゴールドのポートフィノや、GST(1997年に登場したIWCのスポーツコレクション)アクアタイマーは素敵だと思います。

が、今のところ上がり時計のつもりでポルトギーゼを購入し、これ1本を使い倒して愛でていきたいという気持ちなので、特に手に入れたい時計はないと自分に言い聞かせてますw

最後に、シュガーパンチさんにとって腕時計とは?

出典:@sugarpunch_xxx

一言で表すと“戦友”ですかね。

仕事の現場で一緒に傷ついて、でもそれが味になり。お祝いやご褒美としてお迎えして、記念になり。

色んな思い出や経験を想起させる相棒です。

インタビューを終えて

10年の時を経て手に入れたポルトギーゼは当初憧れたモデルではありませんでした。

しかし、自身の価値観に沿った選択ゆえの喜びは大きく、オーナーが時計に満足しているのが日々のツイートで伝わってきます。

シュガーパンチさんも仰っていますが、ユーザーの需要の変化に応えられるだけのラインナップが用意されているのもポルトギーゼの魅力ですね。

一口にポルトギーゼといってもその種類は豊富で、その人にあったポルトギーゼを選ぶことができるからおもしろいですし、こうしたインタビューもやっていて楽しいと感じます。

シュガーパンチさん、今回はご協力ありがとうございました!

あなたの腕時計を紹介させてください

f:id:take_blog:20190921174022j:plain当ブログでは、こんな風に腕時計に対する想いや考え方を紹介させていただくインタビュー記事を書いています。

過去には友人のノモスやハミルトンを借用レビューという形で紹介したこともありました。

基本的にはポルトギーゼオーナーさんに僕からお声かけする形になりますが、他ブランドのオーナーさんも大歓迎です。

声を掛けさせていただくと、皆さんよく「私でいいのでしょうか…?」とおっしゃいますが、良いんです。ただ熱い気持ちを語っていただければそれで。文字数は多ければ多いほど歓迎です。

 

 

ポルトギーゼオーナーさんへのインタビュー記事まとめ

過去のインタビューはこちらの記事でまとめています

ポルトギーゼに関する記事

あなたの腕時計を紹介させてください

f:id:take_blog:20190921174022j:plain当ブログでは、こんな風に腕時計に対する想いや考え方を紹介させていただくインタビュー記事を書いています。

過去には友人のノモスやハミルトンを借用レビューという形で紹介したこともありました。

基本的にはポルトギーゼオーナーさんに僕からお声かけする形になりますが、他ブランドのオーナーさんも大歓迎です。

声を掛けさせていただくと、皆さんよく「私でいいのでしょうか…?」とおっしゃいますが、良いんです。ただ熱い気持ちを語っていただければそれで。文字数は多ければ多いほど歓迎です。

 

 

ポルトギーゼオーナーさんへのインタビュー記事まとめ

過去のインタビューはこちらの記事でまとめています

ポルトギーゼに関する記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ