現在はてなブログからワードプレスへの移行作業中の為、ブログが不完全な状態です。ご了承下さい。

【第15回】ポルトギーゼ・クロノグラフ青文字盤(IW371606) オーナーの「まつさん」にインタビュー

f:id:take_blog:20210625232501j:plain出典:@matsusann

ポルトギーゼオーナーにインタビューして、ポルトギーゼにまつわる価値観を紐解いていく当シリーズ。

第15回目となる今回は、僕のツイッターのフォロワーさんである「まつさん」とポルトギーゼ・クロノグラフ青文字盤(IW371606)を紹介させていただきたいと思います。

69系ムーブメント搭載の、新型クロノグラフ青文字盤オーナーは初登場となります。

もくじ

インタビュイー紹介

まつさんは僕のツイッターのフォロワーさんで、僕からフォローさせていただきました。

青文字盤オーナーというだけで推せますが、このブログを読んでいただいてたということで、即インタビューリスト入りとなりました。 

それではインタビューをどうぞ。

まつさんへの10の質問

ポルトギーゼ・クロノグラフ購入の経緯を教えて下さい

ポルトギーゼ・クロノグラフを初めて目にしたのが約5年前。

当時、僕の上司だった部長が青針を着けていたのを見た時でした。そのデザインをひと目見た時に「カッコいい時計だな。高くて買えないけど。」と、とても印象に残っていました。

それから時を経てようやく経済的に余裕ができたため、頑張った自分へのご褒美として購入を決めました。

青文字盤を選んだ理由

f:id:take_blog:20210625234526j:plain出典:@matsusann

青文字盤の持つ大人の雰囲気と、光の加減で表情が都度変わって飽きない点が好きで選びました。

また、ポルトギーゼ・クロノグラフは青針が定番で青文字盤は珍しく、あまり人と被らない点もお気に入りポイントです。

他のポルトギーゼとは迷わなかったのでしょうか?

もう一つ気になっていたのが「7days」(ポルトギーゼ・オートマティック)です。

実用性を考えると、長時間のパワーリザーブとデイト表示があるのは魅力でした。

7日間ものパワーリザーブとインジケーターを機械だけで実現しているという高い技術力は非常に魅力的ですし、デイト表示と合わせてとても実用性が高い腕時計だと思います。いつか欲しいです。

ただ、フェイスが大きく僕の細い腕には合わなかったのと、高価で今の僕には手が出せませんでした。

一方、ポルトギーゼ・クロノグラフは自分の腕にも合いましたし、クロノグラフなのに落ち着いたデザインと青文字盤の美しさに惹かれました。

ポルトギーゼ・クロノグラフの魅力は?

f:id:take_blog:20210625232506j:plain出典:@matsusann

「品の良さ」と「機械のぬくもり」です。

派手すぎずシックに腕元を輝かせてくれますし、新型では裏スケになったことで美しいムーブメントを眺めることができるのも魅力の一つです。

f:id:take_blog:20210625232531j:plain出典:@matsusann

僕はもともとクラシックminiに14年乗っていたほどアナログ好きで、「機械が動く」という事象そのものに強く惹かれるタイプでした。

そして機械式腕時計の魅力に気付いたタイミングで、ポルトギーゼ・クロノグラフが自社製ムーブメントかつ、裏スケになったことも機械好きの僕を惹き付けるには十分でした。

いずれお子さんに受け継ぐそうですが、30歳なのは理由があるのでしょうか?

そんなに深い理由ではないのですが、息子が30歳になる約20年後には僕も60歳を過ぎていますし、それくらいの歳になれば時計の良さや僕の形見であることに重みを感じてくれるかな?という希望的観測もあり適当に30歳に設定しているだけです。

それに20年も着ければ形見と呼べるくらい一緒に時を過ごしたことになりますし、その頃には7daysや他のモデルをいくつか所有できるようになっておきたいという自分の中での目標にもしたいと思ったからです。

好きな腕時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

f:id:take_blog:20210625232526j:plain出典:@matsusann

基本的にクロノグラフは好きなんですが、ポルトギーゼ・クロノグラフのようにベゼルが薄いデザインが好きです。青文字盤も好きです。

まさにポルトギーゼ・クロノグラフの青文字盤は僕の好みを体現したようなモデルなので、買うのは必然でした。

まつさんの腕時計遍歴を教えてください

もともとあまり腕時計には興味がなく、今も持っているKnotのクロノグラフあたりから少し時計をオシャレアイテムとして認識するようになりました。

僕はランニングをするので、GPS内蔵のスマートウォッチを使う機会が多く、どちらかというとスマートウォッチを使っている時間の方が長いです。

他に所有している腕時計は?

  1. Knot:NAVY_CHRONO
  2. Nordgreen:pioneer
  3. G-SHOCK:MHLコラボモデル
  4. Garmin:VENU
  5. Garmin:ForeAthlete 735XTJ
  6. COROS:PACE2
  7. Apple Watch:Series 3
  8. Apple Watch:Series 6

カジュアルウォッチとスマートウォッチがほとんどで、機械式はポルトギーゼのみです。

今後手に入れたい腕時計は?

ROLEX デイトジャスト36 ブライドブルーダイヤル フルーテッドベゼル ジュビリーブレスを購入する予定です。いつ出会えるかわかりませんが…。

デイトジャストはポルトギーゼに比べるとキラキラ輝いて華やかな印象ですが、これもまた青文字盤が非常に美しい!やっぱ青文字盤最高です!

最後に、まつさんにとって腕時計とは?

「僕の生活を豊かにしてくれる、欠かせないアイテム」です。

GPSウォッチはランニング時には走るスピードやコースを計測してくれ、音楽も流してくれます。

Apple WatchはiPhoneやMacBook、iPadと連携して認証解除や通知を受け取れるなど、Appleのエコシステムには欠かせない存在です。

そして高級腕時計はビジネスシーンなど、ちょっと自分を高めたいときに重要なアイテム。

その時々で使い分けることで、僕の生活に彩りを与えてくれる大切なアイテム達です。

インタビューを終えて

f:id:take_blog:20210625232529j:plain出典:@matsusann

青文字盤の魅力と選んだ理由については全面同意です。

然るべきタイミングで、然るべき時計を買ったというのも良いですね。運命的なものすら感じます。

ポルトギーゼを所有しているからといって機械式にこだわらず、自身のライフスタイルに合わせて腕時計を楽しんでいる印象を受けました。

息子さんはクロノグラフ、まつさんは7daysを着けている未来…なんて想像すると素敵でしかありません。

まつさん、今回はご協力ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
もくじ
閉じる