MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ
ポルトギーゼの青文字盤ならどっち?記事を読む

【第2回】ポルトギーゼ・クロノグラフ 青針(IW371446) オーナーの「シマさん」にインタビュー

出典:シマ(@wamit98)

僕は常々「ポルトギーゼ青文字盤の魅力を伝えたい」と思っていて、SNSやブログで情報発信しています。

しかし今回は僕ではなく、僕のツイッターのフォロワーさんである、シマさんのポルトギーゼ・クロノグラフ 青針モデル(IW371446)をご紹介させていただきたいと思います。

SNS上でのお付き合いも長く、前々からポルトギーゼを欲しがっていたシマさん。

先日、ついに購入されたということでインタビューをお願いしました。

果たしてどんな答えが返ってくるのか?さっそく見ていきましょう。

もくじ

インタビュイー紹介

  • HN:シマ
  • twitter:@wamit98
  • 手首サイズ:17cm
  • 紹介モデルのケース幅:40.9mm
  • 備考欄:銭湯、映画鑑賞、ライブハウス巡り、ソシャゲ

シマさんは僕のツイッターのフォロワーさんで、お付き合いは結構長いです。とはいえ相互になったきっかけは覚えていないんですよね…(大変申し訳ありません!)。

僕のポルトギーゼの投稿に対してリアクションをしてくださるのですが、その度にポルトギーゼに対する想いを吐露されていました。

ポルトギーゼを購入するために貯金もされていたのも知っていたので、購入するまで長い目で見守ろうと思っていました。

そして先日とうとう購入されたという事で「これは是非ブログで紹介しなければ」と思い、今回の記事が実現しました。

また、腕時計以外の様々なことに関心があるのが日々の投稿からも分かり、同世代の僕としても刺激を受けるフォロワーさんの一人でもあります。

それではインタビューをどうぞ。

シマさんへの10の質問

ポルトギーゼ・クロノグラフ購入の経緯を教えて下さい

社会人になりたての時期にどの場面でも使えるようにと、タグホイヤーのシンプルな3針を購入して満足していました。

ですが、時計への造詣が深くなるにつれてクロノグラフへの憧れが高まり、色々探しているうちにシンプルかつドレッシーなポルトギーゼ・クロノグラフ購入へ踏み切りました。

あとは、俳優のクリス・エヴァンスさんが使用していた、というのも理由の一つです。大ファンなので笑

白文字盤を選んだ理由

f:id:take_blog:20201220163105j:plainf:id:take_blog:20201220163052j:plain出典:シマ(@wamit98)

現在使用しているタグホイヤーのカレラが黒文字盤だったので、対極の白文字盤にしてオン・オフを視覚的に分けたい、といった理由になります。

自社ムーブメント搭載モデルや、オートマティック40という選択肢もあったかと思いますが、その辺は考えなかったのでしょうか?

f:id:take_blog:20191005150150j:plainETAベースムーブメントを選んだのは、金銭的な問題から並行輸入店での購入だったので選択肢があまりなかった事と、可能であれば昔からのイメージでシースルーではないポルトギーゼが欲しかったのが主な理由です笑

オートマティック40も非常に魅力的ではありましたが、ザ・クロノグラフな見た目の時計を探していたので候補には入りませんでした。

ですが、小柄なのに存在感があるフェイスは大好きです。

ポルトギーゼ・クロノグラフの魅力は?

個人的に一番の魅力は無駄を極限まで省いてデザインされている為に視認性が高く、またクロノグラフにしては大きすぎないのでどのような場面でもスマートに使用できる、といった部分に惹かれました。 

腕時計遍歴を教えてください

最初はエンポリオアルマーニを使用しており、だんだんと時計への興味が増すにつれて機械式の時計が欲しくなり、タグホイヤーのカレラキャリバー5を購入しました。

その後、クロノグラフを所有したくなったのでポルトギーゼ・クロノグラフを購入しました。 

他に所有している腕時計は?

現在はタグホイヤーのカレラキャリバー5と、IWCのポルトギーゼ・クロノグラフの2本となります。

仕事ではカレラ、オフではポルトギーゼを使用しています。 

好きな時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

f:id:take_blog:20201217023743j:plain出典:カール F. ブヘラ公式

シンプルかつ実用性の高いデザインが好きなので、やはりタグホイヤーとIWCは大好きなブランドです。

また映画趣味と相まって、俳優さんが劇中で時計を使用していると途端に興味を持ってしまいがちです笑

最近だと映画ジョン・ウィックの影響でカール F. ブヘラのマネロが気になっています。

やはり好きな作品でかっこよく使われていたら心惹かれますよね。

今後手に入れたい時計は?

f:id:take_blog:20201217024642j:plain
出典:ロレックス公式

先述したカール F. ブヘラのマネロや3針時計が好きなので、今はロレックスのエクスプローラー1に興味がありますが当分先になりそうです。

今はポルトギーゼをひたすら愛でています。本当にかっこよい・・・!

シマさんといえば真似したくなるデスクトップ周りが素敵ですが、物に対するこだわりなどはあるのでしょうか?

自分がいる空間の周りは自分が良いと思った物だけで埋めたいというのと、その物が最大限に魅力的に見えるように配置や置き方にはこだわっているつもりです。

好きなモノを身に着けたり囲まれたりすることで、日々のモチベーション向上に協力してもらっています。 

最後に、シマさんにとって腕時計とは?

自分の「好き」を集約した装飾品でしょうか。

好きなモノほどずっとそばに置いておきたい、着けていたいと思う性分なので、どこへ行くにでも身に着けていられる時計という存在は非常にありがたいですし、だからこそ自分のセンスを信じて「心から好き!」と思えるものを選びました。

これからもバンバン使っていく予定です!

インタビューを終えて

f:id:take_blog:20201220163055j:plain 出典:シマ(@wamit98)

非常に合理的かつ理に適った時計選びをされているな、という印象を持ちました。最初の機械式にカレラキャリバー5、というのも実に手堅いですね。

合理的でありつつも、映画趣味による憧れの感情も大事にされています。

自分は映画を観ないので、映画→腕時計というベクトルもあるのだなと思いました。

「好き」を集約した装飾品、という言葉も良いですね。

腕時計はいつでもどこでも身に着けていられるからこそ、「好き」を常に側に置いておけるものなんだなと再確認させられました。

前回インタビューさせていただいたfusacchiさんもそうでしたが、ETAベースモデルを選ぶ理由がきちんとあるのが良いですね。

ついつい新しい自社ムーブメントに目が行きがちですが、自分の感性も大事にしたいものです。

今はポルトギーゼで満足されているそうですが、ゆくゆくはカール F. ブヘラやロレックスも購入されるかも?しれません。

いずれにしても、一つ一つの選択にきちんと理由付けがされているので、どんな時計を選んだとしても納得の答えとなるでしょう。

憧れのポルトギーゼを手に入れた人間から言わせていただくと、おそらくこれで満足することはありませんので、次の腕時計購入報告を楽しみに待っていますね(ニッコリ)

シマさん、今回はご協力ありがとうございました!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
もくじ
閉じる