現在はてなブログからワードプレスへの移行作業中の為、ブログが不完全な状態です。ご了承下さい。

【第6回】ポルトギーゼ・オートマティック40 金針(IW358303) オーナーの「シロッコさん」にインタビュー

f:id:take_blog:20210207180732j:plain出典:scirocco20105

ポルトギーゼオーナーにインタビューして、ポルトギーゼにまつわる価値観を紐解いていく当シリーズ。

第6回となる今回は僕のインスタグラムのフォロワーさんである、シロッコさんポルトギーゼ・オートマティック40 金針モデル(IW358303)を紹介させていただきたいと思います。

二児の父でもあり、豪華な時計コレクションをお持ちでもあるシロッコさん。その中には奥様に内緒で購入した時計もあるとか…?

ポルトギーゼ・オートマティック40(IW358303) 製品ページ

もくじ

インタビュイー紹介

  • HN:シロッコ
  • instagram:scirocco20105 twitter:@scirocco20105
  • 手首サイズ:15cm
  • 紹介モデルのケース幅:40.4mm
  • 備考欄:筋トレ、ウマ娘

シロッコさんとは、インスタグラムでフォローしていただいたのが始まりです。

実はその頃からインタビューのお願いはしていて、今回お願いした際も快く引き受けていただきました。 

ちなみに「シロッコ」という名前はガ○ダム由来ではなく、かつて乗っていたフォルクスワーゲンからきているそうです。

シロッコさんへの10の質問

ポルトギーゼ・オートマティック40購入の経緯を教えて下さい

昔からIWCのシンボルでもあるポルトギーゼは好きでしたが、41mmというサイズは私の手首には大きいため購入に至っていませんでした。

2020年にIWCのサイトでポルトギーゼの40mmが出たことを知り、ブティックが職場から近いので「見るだけ」と思い訪問しました。

しかし見た途端一目惚れしその場で買ってしまいました。

金針モデルを選んだ理由

IWCのマークXVIIIプティ・プランス、グラスヒュッテ・オリジナルのパノリザーブと青文字盤の腕時計を既に2本持っており、別の文字盤の時計が欲しかったためです。

ステンレスケースに金のインデックスと、針の組み合わせが上品かつ嫌みのない色合いだったため購入を決めました。

ポルトギーゼ・クロノグラフとは迷わなかったのでしょうか?

すでにゼニスのエル・プリメロ36000VpHを所有しており、クロノグラフを2本も持つとOH代が馬鹿にならないと思い、購入候補には入っていませんでした。

ポルトギーゼの魅力は?

シンプルかつ上品で、さらに耐久性も高く使う場面を選ばないことが魅力だと思います

シロッコさんの腕時計遍歴を教えてください

小学生の時に量販店でクオーツの安い時計を買ってもらったのが始まりです。

その後大学生の時に初めて機械式の時計を購入し、社会人になってからは1年に1本は購入しています。

好きな時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

ドイツ的デザインのシンプルな時計が好きです。

他に所有している腕時計は?

f:id:take_blog:20210207180050j:plain
出典:scirocco20105

※以下、購入順

  1. セイコー:S-WAVE
  2. IWC:アクアタイマー・オートマティック 2000
  3. ゼニス:エル・プリメロ36000vph
  4. IWC:マークXVIII プティ・プランス
  5. グラスヒュッテオリジナル:パノリザーブ
  6. IWC:ポルトギーゼ・オートマティック40
  7. オメガ:スピードマスタープロフェッショナル TOKYO2020限定
  8. シュタウド:ton sur ton
  9. ロレックス:サブマリーナー デイト(126610LN)

IWCは既に2本所有していましたが、アクアタイマーを購入した時からIWCのファンなので、3本目になっても全く気になりませんでした。むしろ全シリーズコンプリートしたいくらいです。

今後手に入れたい時計は?

  1. チャペック:アンタークティック
  2. A.ランゲ&ゾーネ:1815アップダウン
  3. オフィオン:OPH786Velos
  4. モリッツ・グロスマン:ベヌー・パワーリザーブ
  5. ツァイトヴィンケル:188°
  6. ショパール:アルパイン イーグル

イエローゴールド、ピンクゴールドケースの時計も所有してみたいです。

子育てと腕時計趣味の両立は難しい?

正直難しいと思います。

1つ目は時間の確保です。
子供が2人いますが、まだ小さいので休みの日は常に一緒にいなければならず、時計を見ていたり、磨く時間が少ないです。今は子供が寝た後に密かにコレクションを磨いたりして愛でています。

2つ目は金銭面です。
やはり子供がいると色々出費があるため、時計にかけられるお金が限られてきます。今は時計をあまり売ることはないですが、今後欲しい時計があった場合はどれか売ってから買うということになりそうです。

ときどき、独身のままだったらもっと好きな時計が買えたな…と思うことがあります。

最後に、シロッコさんにとって腕時計とは?

自分の体の一部。つけているのが当たり前なので、無いととても落ち着きません。。

また、自分の歴史そのものでもあります。切っても切り離せない関係です。

インタビューを終えて 

第3回に登場された、かいわれおじいちさんと同じく一目惚れでの購入という事で、やはりオートマティック40のデザインは人を惹きつけるものがありますね。

同じブランドを3本買うというのは、好きでないとなかなかできません。

IWC好きな僕としても、オートマティック40は買うべきかなぁと影響を受けてしまいそうです(笑)

また、記事を書く上でシロッコさんの投稿を見返していると、パノリザーブ青文字盤が気になってきました(笑) 光に当たった時計がとても綺麗に映っているので、ぜひシロッコさんのインスタグラムを覗いてみて下さい。

ちなみにポルトギーゼ、スピードマスター、サブマリーナーは奥様には内緒で購入されているとの事。どうか奥様がこの記事を読まないことを祈ります…笑(※記事に掲載することはシロッコさんの了承を得ています)。

シロッコさん、今回はご協力ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
もくじ
閉じる