MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ

【第23回】ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック白文字盤(IW390403) オーナーの「カフェインさん」にインタビュー

  • URLをコピーしました!

サムネイル出典:@caffeine_goods

ポルトギーゼオーナーにインタビューして、ポルトギーゼにまつわる価値観を紐解いていく当シリーズ。

第23回目となる今回は、僕のツイッターのフォロワーさんであるカフェインさんと、ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック白文字盤(IW390403)を紹介させていただきたいと思います。

もくじ

インタビュイー紹介

カフェインさんへの10の質問

ポルトギーゼ購入の経緯を教えて下さい

出典:@caffeine_goods

大昔に時計の歴史関係を調べていた際、クォーツショックからスイスの時計産業を復活させた人物の一人にギュンター・ブリュームライン(※A.ランゲ&ゾーネを復興させた人物としても有名)という方がいるのを知りました。

彼の立て直したメーカーを追っていたらIWCを知り、パイロットウォッチを経てポルトギーゼを…という流れです。

なぜクロノグラフ・クラシックを選んだのですか?

「インターがETAの魔改造ではなく自社ムーブでクロノを出すぞ」と聞いてw

先のブリュームライン氏のやり方は、ETAをチューンナップし安価で提供するという方法でした。

それはそれでとても良いのですが、界隈の人間は誰しも一度は自社ムーブに憧れると思うのですw

ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシックより前に発売されていたポルトギーゼ・クロノグラフには、ETA7750をベースとしたcal.79350が搭載。

今回のクロノグラフ・クラシックが発表された2014年は自社ムーブメント搭載のポルトギーゼが増え、他にもヨットクラブ・クロノグラフやオートマティックなどがラインナップ。

クロノグラフ・クラシックは生産終了となってしまいました

同じムーブ(※cal.89631)を載せてる「ポルトギーゼ・ヨットクラブ」に負けたのだな、と。

生産終了しましたが、使い続けます。

一応インターは永久保証を謳っているので、ディスコンになっても気にしなくていいかなと思います。

もし保証のないメーカーでもなんらかの手段で維持させます。

購入前後でポルトギーゼに対する印象は変わりましたか?

変わりません。デカ厚。

シャツの袖口には引っかかりますねw

ただ、もともと袖口のボタンをするのが好きではないのでストレスにはならないです。

使い始めた頃は風防をぶつける事も多々ありました…

ポルトギーゼは普段どんなシーンで着けていますか?

出典:@caffeine_goods

オン・オフ、どちらでも着けています!

ポルトギーゼの魅力は?

シンプルで正統派なデザイン。

ゆえに、クロノブラフやパワーリザーブインジケーターを付けてもポルトギーゼだと分かる、ある種の不変さ

好きな腕時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

たくさんありますけど、挙げるならジャガー・ルクルト。元祖変態時計メーカーw(褒めてる)

レベルソ90周年モデルの「レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185」は台座の裏表まで使っての4ダイヤル仕様とかまったく頭がおかしいですよねw(褒めてる)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ