MENU
カテゴリー
当サイトで使っているWPテーマ
腕時計について浅く狭く書くブログ

【第24回】ポルトギーゼ・クロノグラフ黒文字盤(IW371609) オーナーの「WPさん」にインタビュー

  • URLをコピーしました!

サムネイル出典:@WP34490284

ポルトギーゼオーナーにインタビューして、ポルトギーゼにまつわる価値観を紐解いていく当シリーズ。

第24回目となる今回は、僕のツイッターのフォロワーさんであるWPさんと、ポルトギーゼ・クロノグラフ黒文字盤(IW371609)を紹介させていただきたいと思います。

第7回のkbmさん以来、二人目の黒文字盤オーナーさんとなります。

もくじ

インタビュイー紹介

WPさんへの10の質問

ポルトギーゼ購入の経緯を教えて下さい

2020年の夏ごろに初めての機械式時計を購入しようと考えていましたが、ポルトギーゼは常に購入候補時計でした。

その時の予算やタイミングの問題で別の時計を選んでいましたが、日々Twitterに上がるポルトギーゼの写真はほとんど目に留まっており、欲しい気持ちは継続しておりました。

そして、2022年2月に近隣時計店様のキャンペーン期間やお値引きのご提案も相まって、購入するに至りました。

黒文字盤を選んだ理由

自分の手持ち時計に無い色だったこともありますが、実機を付けた時の第一印象が最高だった事が1番です。

黒文字盤は引き締まった印象があり、細腕の私が付けても大き過ぎず無理なく着けられました。

ポルトギーゼの購入に二の足を踏んでいた理由の一つが”時計の大きさ”だったので、それが解消されたのも購入の大きな後押しになりました。

黒文字盤の時計をすでに持っていたとしたら、どのポルトギーゼを選んでいましたか?

これは間違いなく緑文字盤だと思います。

そもそも最初は別店舗で緑文字盤を見ており、「ポルトギーゼを購入するならこれかな」と購入時計候補に長らく入っていました。

もしくはポルトギーゼ40の青文字盤も一度購入間近まで言っていたので有力候補だったと思います。

購入前後でポルトギーゼに対する印象は変わりましたか?

出典:@WP34490284

変わった面と、変わらない面の両方あります。

変わったのは想定より時計の厚みを着用時に感じないことです。

手持ちの時計の中では最も厚みのある時計(13mm)ではありますが、純正ブレスに交換してからは着け心地が格段に良くなり、フィット感抜群の時計となった印象です。

変わらないのはやはり“The真面目な時計”という事です。

クロノグラフにも関わらず、スポーティさよりもドレッシーさを感じられる上品な文字盤は飽きる事なくかつ嫌味にならない綺麗さだと思います。

ポルトギーゼはどんなシーンで着けていますか?

仕事中の着用がメインになります。

仕事柄スーツを着ておりますがスーツとの相性も抜群ですし、前述の様に真面目な印象の時計なので全く悪目立ちしません。

また、ブレスに変更してからはパーカーなどラフな格好でも悪くない印象なので、オンオフ問わず使用できる万能時計だなとつくづく感じております。

ポルトギーゼの魅力は?

ここまで言及した内容と重複してしまいますが、上品さがありつつ決して嫌味にならない、オンオフ関係なく使用できる非常に守備範囲の広い時計であることではないでしょうか。

デザインも大きな変化がないので、長く使っても古さを感じない一生モノの時計として間違いない1本と言えると思っています。

好きな腕時計のデザイン、もしくは好きな腕時計ブランドは?

基本的に3針のシンプルなデザインが好きだと思います。

スポーティよりもドレッシーなものを目で追っている事も多いです。

今までもスポーツ系を探していても最終的にはドレスウォッチを試着している時が殆どです。

ブランドはリシュモン系が多いと思います。具体名を上げると、

  • ヴァシュロン・コンスタンタン
  • A.ランゲ&ゾーネ
  • ジャガー・ルクルト
  • IWC
  • タグホイヤー
  • グランドセイコー

になります。

WPさんの腕時計遍歴を教えてください

CITIZEN

学生時代はCITIZENの時計を持っていました。

BVLGARI

社会人になったタイミングで父からブルガリのソロテンポを譲り受けました。

Jaeger-LeCoultre

ブルガリが故障したことをきっかけに、初めての機械式時計として2020年10月にジャガー・ルクルトのマスター・コントロール デイトを購入。

出典:@WP34490284
ROLEX

次に2021年4月ロレックス デイトジャスト36購入。

出典:@WP34490284
IWC

そして2022年2月にポルトギーゼ・クロノグラフを購入になります。

今後、手に入れたい腕時計は?

最終目標は40歳になった時にランゲ1を購入したいと考えています。

その間にヴァシュロン・コンスタンタンのフィフティシックスオーヴァーシーズなどのステンレススチール系の時計を購入したいと考えてはいますが、いずれの時計も高騰が続いているのでもう少し検討が必要かなと。

ダイバーズ系のスポーツウォッチも欲しいですね。

本当に腕時計は沼だなって痛感します。

出典:@WP34490284

最後に、WPさんにとって腕時計とは?

くさい言い方ですが、仕事中もプライベートも左手の相棒ですかね。

ある程度金額のある物なので着用時の緊張感もあり、何気なく左手を見た時の幸福感など様々な感情を与えてくれます。

仕事で遅い時間まで働いていても、時間をみると少しだけ疲れがとれた気分になるのもありがたいですね。

これからも自分のペースでコレクションを増やしていき、この相棒達を増やしていきたいと考えています。

インタビューを終えて

WPさんの事はポルトギーゼ購入前から知っていて、当時はデイトジャストの青文字盤を購入されていました。

コレクションのバランスを考えて時計をしっかり選んでいて、腕時計に対して自身の考えをしっかり言語化できる人だという印象を受けていました。

なので「この人がポルトギーゼ買ってくれたらなぁ」と思っていただけに、購入ツイートを見た時は嬉しかったですね。

ポルトギーゼ・クロノグラフの中ではオーナーが少ないと言わざるを得ない黒文字盤ですが、だからこそWPさんの言葉で語っていただきたい部分がありました。

今、それが達成できて満足しています。

WPさん、今回はご協力ありがとうございました!

あなたの腕時計を紹介させてください

f:id:take_blog:20190921174022j:plain当ブログでは、こんな風に腕時計に対する想いや考え方を紹介させていただくインタビュー記事を書いています。

過去には友人のノモスやハミルトンを借用レビューという形で紹介したこともありました。

基本的にはポルトギーゼオーナーさんに僕からお声かけする形になりますが、他ブランドのオーナーさんも大歓迎です。

声を掛けさせていただくと、皆さんよく「私でいいのでしょうか…?」とおっしゃいますが、良いんです。ただ熱い気持ちを語っていただければそれで。文字数は多ければ多いほど歓迎です。

 

 

ポルトギーゼオーナーさんへのインタビュー記事まとめ

過去のインタビューはこちらの記事でまとめています

ポルトギーゼに関する記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったら共有お願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ